利用規約

BLACKVUE CLOUD 利用規約

1. 目的

 

本利用規約の目的は、Pittasoft株式会社(以下「当社」と)と会員との間での、BLACKVUE CLOUDサービスおよび当社が提供するさまざまな関連サービスの使用に関する権利、義務、責任、その他の必要事項を明確にすることです。

 

韓国国内のユーザーは、 こちら のBlackVue Cloud利用規約を確認してください。

その他の国のユーザーは、 こちら の利用規約を確認してください。

2. 定義

 

本利用規約で使用される用語の定義は以下のとおりです。

 

1.    「サービス」とは、当社が提供し、会員が利用できるさまざまな無料および有料のサービスを指します。

 

2.    「会員」とは、当社のサービスにアクセスし、利用規約に従って当社と利用規約を締結し、当社が提供する1つ以上のサービスを利用する顧客を指します。

 

3.    「ID」とは、会員の識別およびサービスの利用のために会員によって選択され、当社が承認した文字および数字の組み合わせを指します。

 

4.    「パスワードなど」とは、特定のIDと一致し、個人情報を保護し、認証が必要な会員であることの確認のために会員が選択した文字または数字の組み合わせを指します。

 

5.    「有料サービス」とは、当社が有料で提供するさまざまなオンラインのデジタルコンテンツおよびさまざまなサービスを指します(さまざまな情報コンテンツ、ビデオオンデマンド(VOD)を含む)。

 

6.    「ポイント」または「パケット」(以下「ポイント」)とは、サービスが効率的に利用されるために当社が任意に設定、提供あるいは調整することができるサービスに関する仮想データを指します。

 

7.    「投稿」とは、会員が当社のサービスの利用期間中に、当社のサービスに掲示する文字、写真、ビデオ、サイン、手紙、声、音声、ビデオなどの情報を含むさまざまなファイルやリンクを指します。

3. サービスの説明

 

当社提供の「BLACKVUE CLOUDサービス」は、以下の方法でデータを収集します。撮影と音声録音を可能にし、会員がWi-FiとGPS機能を備えた専用のドライブレコーダーを通して収集したデータを使用し共有することを可能にするサービス環境をサポートします。上記サービスは、収集される以下のデータを使用して提供されます。

 

1.    「BLACKVUE CLOUDサービス」のアカウントが作成され、専用のドライブレコーダーが登録されている場合:

 

ドライブレコーダーで作成された画像(保存済み画像およびライブ画像を含む)、GPSデータ、および3軸センサーデータが、ユーザー本人に提供されます。ユーザーが情報の開示に同意した場合、上記情報は、当社および第三者に開示される可能性があります。当社は、ドライブレコーダーを登録したユーザーのみが利用することができる「クラウドストレージスペース」をサポートしています。「BLACKVUE CLOUDサービス」利用規約の方針によって、利用可能な保存スペース、ダウンロードおよびアップロードに関する制限が異なります。専用ドライブレコーダーから収集された情報について、登録会員が選択したファイルが、クラウドストレージスペースに保存されたり、削除される可能性があります。

 

2.    「BLACKVUE CLOUD Service」アカウントのみが作成された場合:

 

専用のドライブレコーダーを所有しないユーザーの場合、サービスを利用してドライブレコーダーを登録した会員が開示したデータのみを閲覧でき、そのサービスの一部のみを利用することができます。会員が追加のサービスを利用するには、専用のドライブレコーダーの登録が必要となります。

4. 利用規約の公開および改訂

 

1.    当社は、利用規約の内容を、会員が容易に閲覧できるよう、当社のウェブサイト及びモバイルアプリに掲載するものとします。

 

2.    当社は、利用規約の規定に関連する法令、情報通信ネットワークの利用促進などのに関係法令に違反しないよう、本利用規約を変更することができます。

 

3.    本利用規約を改訂する場合、当社は、発効日の少なくとも30日前に、第1項に規定の方法に従い、現在の利用規約と共に発効日および改訂理由を発効日前日まで公開するものとします。ただし、利用規約の改訂が会員にとって不利益となる場合は、電子メール、電子メモ、あるいはサービスにログインした時点で、一定期間同意画面が表示されるといった方法で、明確かつ個別に説明されるものとします。

 

4.    会社がその旨を発表または通知したにもかかわらず、会員が拒否の意思を明示的に表明せず、会員が30日以内に拒絶の意思を明確に表明しない場合、前項の規定により改訂された利用規約が発表あるいは通知がありながら、会員は意思を表明したとみなされ、会員は改訂された利用規約に同意したものとみなされます。

 

5.    改定された利用規約の適用に会員が同意しない場合、当社は改定された利用規約の内容を適用しないものとします。この場合、会員は利用規約を解約することができます。ただし、当社が前利用規約を適用可能でないような特別な事情がある場合には、当社が利用規約を終了する場合があります。

5. 利用規約の解釈

 

1.    当社は、有料サービスおよび各サービスについて、個別の利用規約および方針(以下、「有料サービス規約など」)を保持しており、関連する内容が利用規約と矛盾する場合は、個別の有料サービス規約などの適用が優先されます。

 

2.    利用規約に規定されていない事項あるいは解釈については、有料サービス規約などが適用されます。また、有料サービスの利用規約などに明記されていない事項あるいは解釈については、関連する法令および商慣習が適用されます。その上で利用規約の意味が明確でない場合、ユーザーにとって有利な方法で解釈されることになります。

6. 利用規約の締結

 

1.    会員になることを希望するユーザー(以下「会員申込者」)が利用規約の内容を受諾し、会員登録の申し込みを行い、当社がその申し込みを受諾すると、利用規約が締結されることになります。

 

2.    当社は、会員申込者の会員サービス利用の申請を承原則的に承諾するものとします。ただし、以下のいずれかに該当する申請については、当社はその申請を受諾せず、あるいはその後に利用規約を解約する権利を留保します。

 

A.  会員申込者が過去に利用規約に基づき、会員資格を失っていた場合。ただし、当社から会員資格の再申請の許可を得ている場合は、この限りではありません。

 

B.   会員申込者が他人の電子メールを使用した場合。

 

C.   申請者が虚偽の情報を記載した場合、あるいは当社が提示した内容を割愛した場合。

 

D.   法定代理人(両親など)の同意を得ていない14歳未満の子供の場合。

 

E.   ユーザーが8歳未満の子供の場合。

 

F.    ユーザーに起因する理由あるいは他の規制事項にユーザーが違反して会員申請を行ったことにより、承認が不可能な場合。

 

3.    当社は、第1項の規定に基づき、会員申請のタイプに応じて、専門機関、成人の身分認証、およびユーザー認証を通じて、ユーザーの本名の確認を求める場合があります。

 

4.    利用可能なサービス関連機能がない場合、あるいは技術的または業務上の問題がある場合、当社は申請の承認を延期する場合があります。

 

5.    第2項および第4項の規定に基づき、会員資格の申請の承認が与えられない、あるいは延期される場合、当社は申請者に会員資格の却下を通知するものとします。

 

6.    利用規約は、当社が申し込み手続きにおいてサブスクリプション完了の記録を行った時点で締結されます。

 

7.    当社、会社方針、時間区分および使用回数、サービスメニューなどに応じて、クラス別に会員を分類し、各々に異なる利用方法を適用する場合があります。

 

8.    当社は、映画およびビデオ製品振興法および青少年保護法に基づく評価および年齢を遵守し、会員に利用制限あるいはレーティング制限を適用する場合があります。

7. 会員情報の変更

 

1.    会員は、個人情報の管理画面を利用して、いつでも自身の個人情報を閲覧および変更することができます。ただし、サービス管理に必要とされるIDその他の変更はできません。

 

2.    会員登録の申請時に記入した事項が変わった場合、会員は自身の個人情報をオンラインで変更するか、あるいは電子メールその他の方法で、変更点を当社に通知するものとします。

 

3.    第2項の変更通知の不履行により生じる不利益について、当社は一切の責任を負いません。

8. 個人情報保護の義務

 

当社は、個人情報保護法を含む関連法令に従い、会員の個人情報の保護に努めます。個人情報の保護と利用には、当社のプライバシーポリシーが適用されます。会員が当社のプライバシーポリシーに同意した後にのみ、会員は当社サービスを利用することが可能です。

9. 会員の位置情報保護の義務

 

当社は、位置情報の保護、利用などに関する法令に準じ、会員の位置情報の保護に努めるものとします。当社の位置情報サービス利用規約に同意した後にのみ、会員は当社が提供する位置情報サービスを利用することができます。

10. 会員のID、パスワードなどの管理義務

 

1.    会員は、使用する通信端末、ID、パスワードなど自己管理する責任を負うものとし、上記の第三者の使用を許可することはできません。

 

2.    通信機器および会員のIDが、個人情報の漏洩、反社会的行為、あるいは公序良俗に反するおそれがある場合、当社は上記通信機器を介するサービス利用および上記IDの利用を制限する場合があります。

 

3.    使用する通信端末、ID、パスワードなどを第三者に盗まれたり使用されたことを会員が認識した場合、会員は、直ちに当社に連絡し、当社の指示に従うものとします。

 

4.    第3項に該当する場合、関係者の当社への通知がなかったこと、あるいは当該事実を当社に通知したが、当社の指示に従わなかったことにより生じる不利益について、当社は一切責任を負いません。

11. 会員への通知

 

1.    利用規約に別途規定がない限り、電子メールアドレス、SMSメッセージ、あるいは登録済みの通信機器への電子メモによって、当社は会員に通知を行う場合があります。

 

2.    全会員へ通知が送信される場合、当社は、第1項に規定する通知の代わりに、当社のサイトに7日以上通知を掲載することができます。

12. 当社の義務

 

1.    当社は、関連法令および利用規約で禁止される行為、あるいは公序良俗に反する行為をしないものとし、継続的かつ安定的にサービスを提供できるよう最善を尽くします。

 

2.    会員の当社サービスの安全な利用のために、当社は、個人情報保護のためのセキュリティシステムを整備し、プライバシーポリシーを公表し、遵守するものとします。

 

3.    当社は、サービスの利用に関して会員から寄せられる意見あるいは苦情が合理的と認められる場合、上記意見あるいは苦情に対する措置を講じるものとします。会員から寄せられる意見や苦情については、その措置および経過を当社サイトあるいは電子メールで会員に通知されるものとします。

13. 会員の義務

 

1.    会員による以下の行為は禁じられています。

 

A.   申請の提出および変更時に誤った情報を登録すること。

 

B.   他人の情報を違法に使用すること。

 

C.   当社が当校した情報に変更を加えること。

 

D.   当社が規定する情報以外の情報(コンピュータープログラムなど)を送信あるいは掲示すること。

 

E.   当社および第三者の著作権を含む知的財産権の侵害。

 

F.    風評被害および当社と第三者間の業務を妨害する行為。

 

G.   公序良俗に反するわいせつな行為、暴力的なメッセージ、画像、音声、その他の情報の開示あるいは掲示。

 

H.   当社の同意なしに利益目的でサービスを利用する行為。

 

I.     その他の違法あるいは正当と認められない行為。

 

2.    会員は、関連法令、利用規約の規定、利用ガイドおよび当社のサービスその他の当社から通知された事項についての注意事項を遵守しなればなりません。当社のその他の事業を阻害する行為を行うことは禁じられています。

14. サービス提供など

 

1.    当社は会員に以下のサービスの提供を提供することが可能です。

 

A.   BLACKVUE CLOUDサービスのアプリケーションの提供

 

B.   位置情報に基づく検索サービス

 

C.   LTEおよび3Gサービスを介するリアルタイム映像ライブストリーミングおよびビデオオンデマンド(VOD)サービス

 

D.   双方向音声通話サービス

 

E.   位置情報に基づくおすすめの広告サービス

 

F.    オープン広告サービス

 

G.   サービス関連商品販売のための有料サービス

 

2.    当社は、当社のサービスを特定の範囲に分割し、各範囲に対して個別に利用できる時間を指定する場合があります。ただし、その場合、関連内容を事前に公表するものとします。

 

3.    原則として、サービスは1日24時間、年中無休で提供されるものとします。

 

4.    コンピューターなどの通信機器の保守、交換または故障、通信の喪失、その他の合理的な理由によって、当社はサービスの提供を中止する場合があります。この場合、当社は、第11条に規定する方法により、会員に通知するものとします。ただし、やむを得ない事情による場合には、事前通知が不可能な場合があります。この場合、当社は事後にお知らせいたします。

 

5.    当社は、サービス提供上、必要な場合に定期検査を実施することができます。上記定期検査期間は、サービス提供画面に告知が表示されます。

15.サービスの変更

 

1.    当社は、合理的な理由によって、運用および技術的な必要性に応じ、サービスの全体あるいは一部に変更を加えることがあります。

 

2.    サービスの内容、利用方法、利用時間、変更の理由、変更するサービスの内容、適用日などに変更がある場合、サービスの最初のページに掲載されるものとします。

 

3.     当社の方針および運営上の必要に応じて、無償で提供されるサービスの全部または一部が変更、一時停止、または変更されることがあります。関連する法令上、上記変更事項に関して特段の規定がない限り、会員に対する別途補償は提供されないものとします。

16.情報の提供および広告の掲載

 

1.    当社は、当社のサービスの利用中に必要と思われる各種の情報や広告を、音声による告知書面や電子メールなどで会員に提供する場合があります。ただし、関連する法律に従い、取引関連の情報および会員からの問い合わせに回答する内容の電子メールなどは除外して、会員はいつでも電子メールの受信などをオプトアウトすることができます。

 

2.    当社のサービスの運営に関して、モバイルアプリ、Webサイト、電子メールなどのサービス画面に、当社が広告を掲載することがあります。広告を含む電子メールを受信した会員は、将来、当社からの広告電子メールを受け取ることをオプトアウトすることができます。

 

3.    ユーザー(会員および非会員を含む)は、当社が提供するサービスに関し、掲載内容の変更、修正、制限などの処置をとらないものとします。

17.投稿に関する著作権

 

1.    会員が開示し、当社サービスに投稿する投稿の著作権は、関連する投稿の著作権保有者に帰属します。

 

2.    会員が開示してサービスに投稿する投稿は、検索結果、サービスおよび関連する宣伝に掲載される可能性があり、関連する掲載に必要な範囲内で部分的に修正、複製および編集された後に掲載される場合があります。さらに、会員が当社のサービスで開示したデータは、会員の同意なしに当社が利用する場合があります。この場合、当社は著作権法の規定を遵守しなければならず、会員は、削除、検索結果からの除外、カスタマーセンターを介した関連投稿の非表示、あるいはサービス内の管理機能などの措置をとることができます。

18.投稿の管理

 

1.    会員の投稿に、情報通信ネットワークの利用や情報保護等に関する法律および著作権法などの関連法令に反する内容が含まれている場合には、当社管理者が、関連法に定められる手続きに従って、関連する投稿の中止、削除などを求めることができ、当社は、関連法に基づき措置を講じるものとします。

 

2.    当社は、前項の権利者からの請求がない場合でも、権利の侵害あるいはその他の当社の方針および関連法の侵害に関する合理的な根拠関連法に基づき、上記投稿について暫定措置などを講じる場合があります。

19. 権利の帰属

 

1.    当社のサービスの著作権および知的財産権は、当社に帰属します。ただし、パートナー契約に基づく会員の投稿や作品の投稿は上記対象外とします。

 

2.    当社は、当社のサービスに関して、当社が規定する利用規約に従って、アカウント、ID、コンテンツなどを利用する権利のみを会員に付与します。会員による、譲渡、売却、セキュリティの提供などの処分は認められていません。

20. 有料サービス

 

当社は、当社のサービスの効率的な利用および運用のために、当社のサービスを有料で提供する場合があります。有料サービスについては、当社の有料サービス規約が適用されます。

20A. アプリ内購入

 

1.    モバイルアプリには、会員がアプリ内の機能のロック解除を可能にするアプリ内購入が含められることがあります(例えば、プレミアム機能・コンテンツあるいはサブスクリプションサービスへのアクセスなど)。

 

2.    単発購入の金額は、会員の購入時に支払われ、請求されます。

 

3.    サブスクリプションの金額(例えば、月単位あるいは年単位のサブスクリプション)は、サブスクリプションの開始時に課金され、請求されます。これは、各サブスクリプションは、会員がサブスクリプションをキャンセルするまでの各更新時に、有効期限を持つサブスクリプション期間と同じ長さの追加期間分、自動更新されるためです。

 

4.   アプリ内購入のすべての請求および取引手続きは、会員がアプリをダウンロードしたプラットフォーム(例えば、Apple App StoreまたはGoogle Play Store)のApp Storeの運営者によって処理され、App Store運営者の利用規約・EULAに準拠することになります。会員がアプリ内購入に関する請求・払い戻しに関する不明な点あるいは支払い関連の問題がある場合、会員はApp Storeの運営者に直接問い合わせを行う必要があります。

 

5.    会員は、App Storeの運営者を通じてサブスクリプションをキャンセルすることができます。次回のサブスクリプション期間の請求を回避するには、サブスクリプションが更新される前にキャンセルする必要があります。会員がサブスクリプションをキャンセルした場合、会員は現在のサブスクリプション期間が終了するまでサブスクリプションサービスを継続して利用することができます。

21. 契約解除および解約など

 

1.    会員は、サービスの初動画面に掲載のカスタマーセンターあるいは管理メニューからいつでも利用規約の解約を申請することができます。当社は関連法などに基づき、直ちにその申請を処理する必要があります。

 

2.    会員が契約を解約した場合、関連法およびプライバシーポリシーに従い、当社が会員の情報を保持している場合を除き、会員の全データは解約時に直ちに破棄されます。

 

3.    会員が契約を解除した場合、その会員が作成し、自身のアカウントに登録した投稿はすべて削除されます。ただし、他のユーザーによる再投稿や、共有によって公開された投稿など、Webサイトに登録された投稿などは削除されません。ユーザーは会員をやめる前に上記の投稿を削除する必要があります。

22. 利用制限など

 

1.    会員が利用規約に基づく義務違反を行った場合、あるいは通常のサービス運営を妨害した場合、当社はサービスの利用に制限をかける場合があります。

 

2.    本条に基づき、サービス利用が制限される場合、あるいは契約が解除される場合、当社はその事実を会員に通知するものとします。

 

23. 責任範囲の制限

 

1.    自然災害あるいはそれに相当する不可抗力により、当社がサービスを提供することができない場合、サービスの提供に関する当社の責任は免除されます。

 

2.    会員に起因するとみなされる理由によるサービス利用上の誤動作について、当社は一切責任を負いません。

 

3.    サービスに関して、会員が投稿した情報、データ、事実の内容について、信頼性および正確性など、当社は一切の責任を負いません。

 

4.    当社のサービスを媒体に、会員間で、あるいは会員と第三者との間で取引があった場合において、当社は責任を負いません。

 

5.    無料で提供されるサービスの利用に関して、関連法に特段の規定がない限り、当社は一切の責任を負いません。

24. 準拠法および管轄当局

 

1.    当社と会員との間の訴訟については、大韓民国の法令、準拠法および管轄権に準拠するものとします。

 

2.    当社と会員との間で発生した訴訟は、民事訴訟法に基づき、管轄の裁判所に提訴されるものとします。

 

3.    前項の規定にかかわらず、当社と外国に居住地を有する者、あるいは拠点とする者との間で発生した訴訟については、ソウル中央地方裁判所を管轄裁判所とします。

25. 発効日

 

本利用規約は、は2018年2月9日から発効します。

 

改訂履歴

-    第20A条(「アプリ内購入」)を追加。

BLACKVUE CLOUDプライバシーポリシー

発効: 2018525

Pittasoft 株式社(以下「」)は、BlackVue モバイルアプリケション、BlackVue ビュデスクトップ アプリケション、およびwww.blackvuecloud.com サイト(以下「ビス」)を運しています。

韓国国内のユーザーは、こちら のBlackVue Cloudプライバシーポリシーを確認してください。

その他の国のユーザーは、こちら のプライバシーポリシーを確認してください。

 

このペジでは、社のサビスを利用する際の個人デタの集、使用、および開示にする社の方針、またそのデタに連するユの選肢について明します。

のデタは、社のサビスの提供および向上のために使用されます。サビスを利用することにより、ユは本方針にい、情報の集および利用に同意したとみなされます。本プライバシポリシで特に定義されていない限り、本プライバシポリシで使用される用語は、社のBLACKVUE CLOUD利用規約と同じ意義を持ちます。

本プライバシポリシは、BLACKVUE CLOUD利用規約の一部としてみなされます。また、位置情報にする個人情報は、さらに BLACKVUE CLOUD の位置情報に基づくサビス利用規約によって保護されています。

目次

  • 定義
  • 情報の集と利用
  • タの使用
  • 電子メルの受信を拒否またはサブスクリプションを解除するには?
  • タの保存
  • タの
  • タの開示
  • タセキュリティ
  • 「トラッキング拒否機能」信
  • ビスプロバイダ
  • 他のサイトへのリンク
  • 子供の個人情報
  • 本プライバシポリシ更点
  • お問い合わせ

定義

個人デ

個人デタとは、そのデタから(あるいは社が所有しているか、または所有する可能性が高いと思われる個人そしてその他の情報から)識別することができる、生存する個人にするデタを指します。

利用況デ

利用況デタとは、サビスの使用によって、あるいはサビスのインフラストラクチャ自体から自動的に生成されたデタのことです(ペジ訪問の期間など)。

Cookie

Cookieとは、ユのデバイスに保存される小規模なデタのことです。

タ管理者

タ管理者とは、個人デタを理する目的と理方法を(単独、共同、あるいは他人と共同で)決定する人物を指します。

本プライバシポリシの目的上、社をユのデタのデタ管理者とします。

理者(あるいはサビスプロバイダ

理者(あるいはサビスプロバイダ)とは、デタ管理者の代理でデタを理する(デタ管理者の業員以外の)者を意味します。

のデタをより果的に理するため、社は多なサビスプロバイダのサビスを利用することがあります。

タ主体

タ主体とは、個人デタの主体であるすべての生身の個人を指します。

社のサビスを利用する個人を指します。ユは個人デタの主体であるデタ主体に対応しています。

情報の集と利用

社は、ユ社のサビスを提供するための、また、サビスを改善するためのさまざまな目的のために、異なる種類の情報をいくつか集します。

収集されるデータの種類

個人デ

社のサビスを利用している間、社は、ユに連絡をとったり、ユを識別するために利用可能である個人を特定できる情報(以下「個人デ」)を提供していただく場合があります。個人を特定できる情報には、以下のものが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

  • 電子メルのアドレス
  • Cookieおよび利用況デ

がオプトインした場合、社はユの個人情報をニュスレタ、マケティングあるいは宣材料、またユ心を持つ可能性があるその他の情報をご提供するために使用する場合があります。社からこういった連絡の一部あるいはすべてを受け取らないようにするには、サブスクリプション解除のリンクを利用するか、あるいは社が送付する電子メルに記載の指示にうか、もしくは社にご連絡ください。

 

利用況デ

また、ユ社のサビスにアクセスする際、あるいはユがモバイルデバイスあるいはモバイルデバイスの(「利用況デ」)を介して、社のサビスにアクセスする際、ユのブラウザから送信される情報を集する場合があります。

この利用況デタには、コンピュタのインタネットプロトコルアドレス(IPアドレスなど)、ブラウザの種類、ブラウザのバジョン、訪問したサビスのペジ、訪問した日時、上記ペジで費やした時間、固有のデバイスIDおよびその他の診タなどの情報が含まれます。

がモバイルデバイスを介して社のサビスにアクセスする場合、この利用況デタには、ご使用のモバイルデバイスの種類、モバイルデバイス固有のID、モバイルデバイスのIPアドレス、モバイルオペレティングシステム、ご使用のモバイルインタネットブラウザ、固有のデバイスID、その他の診タなどの情報が含まれます。

 

位置情報デ

社に許可をえた場合、社はユの位置にする情報を使用し、保存する場合があります(「位置情報デ」)。社はこのデタを使用して、社のサビス機能をご提供し、社のサビスを改善し、カスタマイズします。この情報については、BLACKVUE CLOUD位置情報サビス利用規約をご照ください。

社のサビスを使用する際、ユのデバイス設定を通して、いつでも位置情報サビスを有あるいは無にすることが可能です。

 

Cookieタのトラッキング

社は、社のサビスにおける活動をトラッキングし、特定の情報を保持するためにCookieおよび同のトラッキングテクノロジを使用しています。

Cookieとは、匿名の固有の識別子を含む可能性がある小規模のデタを含むファイルのことです。Cookieはサイトからユのブラウザに送信され、ユのデバイスに保存されます。情報を集およびトラッキングし、社のサビスを改善および分析するためのビコン、タグ、およびスクリプトといったトラッキング技術も使用されます。

すべてのCookieを拒否したり、Cookieが送信されていることを示すようにブラウザを設定することができますただし、Cookieを拒否すると、社のサビスが部分的に使用できなくなる可能性があります。

 

社が使用するCookieの例:

  • セッションCookie 社のサビスを提供するためにセッションCookieが使用されています。
  • 基本設定Cookie の好みやさまざまな設定を記憶するために、基本設定Cookieが使用されています。
  • セキュリティCookie セキュリティ目的でセキュリティCookieを使用されています。

 

タの利用

Pittasoft株式社は、集したデタを以下のようなさまざまな目的で使用します。

  • 注文の迅速な理のため
  • 注文にする電子メルを送信するため
  • 社サビスの提供および保全のため
  • 社サビスの更点をユに通知するため
  • の選による社のインタラクティブなサビスの利用を現するため
  • カスタマサポトを提供するため
  • ビス向上のための分析または貴重な情報の集のため
  • 社サビスの利用況の監視のため
  • 技術的な問題の出、予防、解決のため
  • がオプトインした場合:がそういった情報を受け取らない選をしない限り、ユの購入あるいは照したものと類似のニュス、特別オファおよびその他の商品、サビスおよびイベントにする一般的な情報をユに提供するため。社からこういった連絡の一部あるいはすべてを受け取らないようにするには、サブスクリプション解除のリンクを利用するか、あるいは社が送付する電子メルに記載の指示にうか、もしくは社にご連絡ください。

 

電子メの受信を拒否またはサブスクリプションを解除するには?

以下の方法で、ニュスレタ、特別オフ、あるいはマケティングプロモションの電子メルの受信をいつでも停止することができます。

  • 社から受け取る電子メルの下部に記載のサブスクリプション解除用のリンクを使用するか、
  • 電子メルで、サブスクリプション解除のリクエストを[email protected]まで送信してくだされば、

社はすぐにリクエストに対応いたします。

 

タの保存

Pittasoft株式社は、ユの個人デタを、本プライバシポリシに規定されている目的のために必要な期間のみ保持します。社は、社の法的義務の遵守、紛の解決、および、社の法的合意および方針の執行に必要な範囲内で、ユの個人情報を保持および使用します(例えば、適用法の遵守としてユのデタを保持する必要がある場合など)。

また、Pittasoft株式社は、利用況デタを社分析の目的で保持します。利用況デタは、セキュリティの化またはサビス機能の向上のために使用される場合、あるいは長期間にわたるデタ保持が法的義務である場合を除き、通常、短期間の保持となります。

 

タの

個人デタを含むユの情報は、デタ保護法がユの管轄域と異なる州、県、その他の政府管轄域の外に位置するコンピュタへ送され、そして維持される場合があります。

が大韓民国国外に居住し、社への情報提供を選した場合、社は個人情報を含むデタを大韓民送し、理する可能性があることに注意してください。

本プライバシポリシへの同意および、その後の情報を提供することによって、ユは上記デタ移に同意したものとみなされます。

Pittasoft株式社は、ユのデタが本プライバシポリシって安全に取り扱われ、ユのデタその他の個人情報のセキュリティを含め、適切な管理措置が整っていない限り、別の組織またはに個人デタが送されることがないように、合理的に必要とされるあらゆる措置を取っております。

データの開示

法執行機への開示

特定の況下で、Pittasoft株式社は、法令により、あるいは公的機(裁判所、政府機など)による有な請求によって、ユの個人デタの開示を要求された場合、これにじる必要が生じます(例えば、裁判所あるいは政府機の要請など)。

法的要件

Pittasoft株式社は、以下の目的のために、開示が必要とされるという誠な信念に基づき、ユの個人情報を開示することがあります。

  • 法的義務の遵守のため
  • Pittasoft 株式社の利または財産の保護のため
  • 社サビスにして生しうる不正行の防止または調査のため
  • 本サビスのユまたは一般市民の個人の安全を守るため
  • 法的不利益を回避するため

セキュリティ

社はユのデタセキュリティを重視しているとはいえ、インタネット上でのデタの送方法、あるいは電子的な保存方法に100%安全はありえないことにご留意ください。社はユの個人デタを保護するために商業的に妥な手段をもって努力をけていますが、絶的な安全性の保証はいたしかねます。

「トラッキング拒否」信

社はトラッキング拒否機能(「DNT」)をサポトしておりません。トラッキング拒否とは、トラッキングされたくないことをサイトに通知するためにブラウザで設定することができる機能です。

お使いのWebブラウザの[基本設定]のペジ、または[設定]ジにアクセスして、[トラッキング拒否機能]を有または無に設定することができます。

Pittasoft株式社は、ユの個人デタ使用の修正、是正、削除、制限をユができるように、合理的な措置を講じることに努力しています。

可能な限り、ユは個人アカウント設定セクションで直接個人デタの更新をすることができます。個人デタを更することができない場合は、社にご連絡いただければ、必要な更を行います。

して保有している個人デタを通知されることを希望し、また社のシステムから個人デタを削除したい場合は、社にご連絡ください。

には特定の況下でその利があります。

  • 社がユして保持する個人デタのコピにアクセスし、受領する
  • して保持された個人デタの不正確な点を修正する
  • 社が保持するユの個人デタの削除を要求する

には、Pittasoft 株式社に提供する情報にするデタの移植性への利があります。ユは、個人デタのコピを、管理および移動可能な一般的に使われる電子的な形式で入手する請求を行うことができます。

こういった要求に対応する際、身元確認をお願いする可能性があることにご留意ください。

ビスプロバイダ

社は、社のサビスの促進のため、社の代理でサビスを提供するため、本サビスに連するサビスを行するため、または本サビスの使用方法の分析を支援するために第三者の社および個人(「ビスプロバイダ」)を雇用する場合があります。

この第三者は、社の代理で、こういった作業を行する目的でのみユの個人デタにアクセスすることができ、他の目的のために開示あるいは使用しないことが義務付けられています。

アナリティクス

社は、社のサビスの使用を監視および分析する目的で、第三者のサビスプロバイダを使用する場合があります。

Google Analytics

Google Analyticsは、Googleが提供するWebサイトのトラフィックをトラッキングおよび報告するWeb分析のサビスです。Googleは、社のサビスの利用況をトラッキングおよび監視するために集したデタを使用します。このデタはその他のGoogleビスと共有されます。Google集したデタを使用して、Google告ネットワ告をコンテキスト化し、パソナライズする可能性があります。

Googleの個人情報保護方針の詳細については、以下のGoogleのプライバシポリシと規約のペジをご照ください。http://www.google.com/intl/en/policies/privacy/

社は、サビスで製品やサビスを有料で提供することがあります。こういった場合、社はサドパティのサビスを使用して支理を行います(例えば、決算理業者など)。

社がユの支いカドの詳細を保存または集することはありません。支いにする情報は、社の第三者支払処理業者に直接提供され、その個人情報の使用は、各理業者のプライバシポリシに準しています。こういった支理業者は、VisaMastercardAmerican ExpressDiscoverなどの共同組織である、PCI Security Standards Councilによって管理されるPCI-DSSが評定した基準に準しています。PCI-DSSの要件は、支い情報の安全な取り扱いを保証するサポトとなります。

社が採用する支理業者は以下の通りです。

Apple Storeのアプリ

Appleのプライバシポリシは、https://www.apple.com/legal/privacy/en-ww/に提供されています

Google Playのアプリ

Googleのプライバシポリシは、https://www.google.com/policies/privacy/に提供されています

PayPal

PayPalのプライバシポリシは、https://www.paypal.com/webapps/mpp/ua/privacy-fullに提供されています

ニュスレタ

社の電子メルニュスレタの受信をユが選した場合、電子メルニュスレタのメリングリスト管理に第三者のサビスプロバイダを利用することがあります。

社が利用する電子メルマケティングサビスは以下の通りです。

MailerLite

MailerLiteのプライバシポリシは、https://www.mailerlite.com/privacy-policy/に提供されています

他のサイトへのリンク

社のサビスには、社運以外のサイトへのリンクが含まれる場合があります。第三者のリンクをクリックすると、その第三者のサイトに移動することになります。訪問するすべてのサイトのプライバシポリシのご確認を社はく推します。

社は、第三者のサイトまたはサビスのコンテンツ、個人情報保護方針、あるいは施に関与するものではなく、一切の責任を負いません。

子供の個人情報

社のサビスは、18のユ(「子供」)を象としていません。

社は、18の個人を特定できる情報を故意に集することはありません。ユの親または保護者が、ユの子供が社に個人情報を提供したことを分かっている場合は、社にご連絡ください。保護者の同意を得ずに子供から個人情報が集されたことが判明した場合、社は、該情報をサから削除する措置を講じさせていただきます。

本プライバシポリシの改訂

社は時、プライバシポリシを更新することがあります。このペジに新しいプライバシポリシ載することで、改訂の通知とさせていただきます。

改訂が有になる前に、社は、電子メルや社サビス上の重要な通知を介して、ユに通知し、本プライバシポリシの上部にある「発効」を更新します。

改訂について、本プライバシポリシを定期的にご確認されることを推いたします。本プライバシポリシの改訂については、このペジに載された時点で有となります。

お問い合わせ

本プライバシポリシについてご不明な点がある場合は、下記までご連絡ください。

  • 電子メル:[email protected]
  • 社サイトのお問い合わせペジ:www.blackvue.com/contact-us/
  • お電話: +1844694-4469(アメリカカナダ フリダイヤル)
  • ル: 株式会社Pittasoft ソウル特別市桂川加山デジタル路1BYC HIGHCITY ビルディング 7階、A 13108506

 

BLACKVUECLOUD 位置情報に基づくサービスの利用規約

1.目的

本位置情報サービス利用規約(以下「本規約」)の目的は、Pittasoft株式会社(以下、「‘当社」)が運営および提供するサービスに関して、当社および位置情報主体の個人の権利、義務および責任、また位置情報に関するその他の必要事項を明確にすることです。

韓国国内のユーザーは、リンクのBlackVue Cloud位置情報に基づくサービス利用規約 (こちらをクリック) と個人位置情報使用同意書 (こちらをクリック) を確認してください。

その他の国のユーザーは、こちら のBlackVue Cloud位置情報に基づくサービス利用規約を確認してください。

2.規約に追加される規則

本規約に明記されていない事項に関しては、位置情報の保護、利用などに関する法令、情報通信ネットワークの利用の促進に関する法令などの関連法令、当社のサービスの利用規約、プライバシーポリシーおよび有料サービス利用規約が適用されます。

3.利用規約の有効性および修正

1.     本規約は、個人位置情報の主体が本規約に同意し、社が定める手きにって員として登した場合に力を持ちます。

 

2.     会員がオンラインで本規約に「同意する」ボタンをクリックする際、会員は本規約の内容すべてを読み、完全に理解し、同意したと見なされます。

 

3.     当社は、会社の運営または事業上、重要となる理由がある場合、関連法令に反しない範囲内で、本規約を改訂することがあります。改訂された規約は、当社の利用規約の第4条に指定される方法と同じ手順および方法で、規約が掲載および公表された時点で効力を持ちます。

4.サービス内容

1.     社は、本規約への員の自主的な同意により、位置情報を集し、または認可を受けた位置情報提供者から位置情報を受け取ることにより、以下のサビスを提供します。

 

A.     位置情報を含む自動車用ドライブレコーダーのGPSサービス

 

B.     クラウドストレージスペースに保存される位置情報を含むデータを管理するデータ管理サービス

 

C.    現在地情報に基づく検索サービス(事故の影響を受けた地域、ガソリンスタンド、駐車場など)

 

D.     現在地情報に基づくコネクティッドサービス(送迎サービス、小包配達など)

 

2.     1項の副段落記載のサービスには、有料で提供されるものも含まれます。有料サービスの場合、支払いに必要な情報には位置情報は含まれず、当社の有料サービス利用規約が適用されることになります。

 

3.     個人位置情報の主体によって指定された第三者に個人位置情報を提供する場合、当社は、第1項に規定するサービスの提供に関して会員の同意を求めます。当社は、個人の位置情報を提供することに同意した会員に、個人の位置情報が提供されていることを直ちに通知します(個人の位置情報を受け取る当事者、提供の日付と目的)。

 

5.位置情報の収集方法

当社は、以下の方法で個人位置情報を収集します。

 

ユーザーの位置情報は、内蔵のGPSチップを搭載したドライブレコーダー、あるいはGPSチップに接続可能なドライブレコーダーによって記録されるGPS情報を使用して収集されます。個人位置情報を収集する方法が変更される場合、当社は事前に会員に通知します。ただし、当社が会員に事前に通知できない不測の事態の場合、会員に事後通知する場合があります。

6.収集する位置情報の内容

1.     員との合意により社が集する位置情報の容は以下のとおりです。

 

A.     個人位置情報の主体となる車載ドライブレコーダーの位置

 

B.     個人位置情報主体の車載ドライブレコーダーの位置を特定するための周辺ネットワークの情報

 

2.     当社は会員の同意により、位置情報提供業者から個人位置情報主体の車載ドライブレコーダーの位置情報を受け取る場合があります。

 

7.個人位置情報主体の権利​

1.     個人位置情報主体は、個人情報の使用あるいは提供の目的、個人情報が提供される事者、および位置情報サビスの同意を部分的に撤回することができます。ユの同意は、いつでも全部あるいは一部を撤回することが可能です。

 

2.     個人位置情報の主体は、いつでも使用の一時停止あるいは個人位置情報の提供の請求を行うことができます。請求が行われた場合、社はそれを拒否することはできず、該の請求にえるように技術的な措置を講じます。

 

3.     個人位置情報の主体が身元を証明する書類を添付して書面で請求を行った場合、社は以下の情報を調査あるいは開示します。個人位置情報の主体は情報の誤りにする訂正を要求することができます。

 

A.     個人位置情報の主体となる位置情報の集、利用および提供の確認デ

 

B.     適用法その他の法令の規定により第三者に提供される個人位置情報の主体となる位置情報の理由およびその

 

4.     個人位置情報の主体が位置情報の使用および提供の全部あるいは一部について同意を撤回した場合、当社はその個人の位置情報あるいは位置情報の使用および提供を確認するデータ(被験者が同意を一部撤回する場合に、被験者が同意を撤回した部分データの使用および提供を確認するデータ)を遅延なく破棄します。

8.法定代理人の権利

1.     社が14歳未満の子供の個人的な位置情報を使用し、提供する場合(個人位置情報の主体による指定された第三者への提供を含む)、当社は該当主体の法定代理人の同意を得る必要があります。

 

2.     社が利用規約で指定または通知される範を超えて14歳未満の子供の位置情報の使用あるいは提供を確認する個人の位置情報またはデータを使用する予定であり、あるいはその情報またはデータを第三者に提供する場合、当社は14歳未満の子供とその法定代理人の同意を得る必要があります。ただし、以下の場合は例外とします。

 

A.     位置情報の提供および位置情報サビスに連する利用料金を計算するために、位置情報の使用および提供を確認するデタが必要な場合

 

B.     統計、究、あるいは市場調査の目的で、特定の個人を特定されないようにデタが理される場合

 

3.     14歳未満の子供の法定代理人は、14歳未満の子供の個人的な位置情報の使用または提供に同意する場合、同意を保留する権利(法令第19条第4項)、同意を撤回する権利、同意を一時的に停止する権利、検査および通知を要求する権利(法令第24条)を行使することができます。

9.8歳未満の子供の法定後見人の権利

1.     次のいずれかに該する方(以下、「8歳未満の子供」)の法定後見人が、8歳未満の子供の個人位置情報を利用または提供することに同意する場合、当社は、後者の生命あるいは身体的保護のために、子供自身の同意を得たものとみなします。

 

A.     8歳未満の子供(原則として8歳未満の子供は当社の会員になることはできません)

 

B.     合法的に自己決定を下すことができない人

 

C.    雇用促進および障害者の職業復法第2第2項に基づき、重度障害者として分類される障害者である福祉法第2第2項第2項の規定による精神障害者(障害者福祉法第29条に基づき障害者として登録された者に限る。)。

 

2.     8歳未満の子供の生命または身体の保護のため、個人的な位置情報の使用あるいは提供に同意することを意図する法定後見人は、法的後見人であることを証明する文書を添付し、書面による同意書を当社に提出する必要があります。

 

3.     法定後見人は、8歳未満の子供の個人位置情報の使用あるいは提供に同意する場合、個人位置情報の主体に関するあらゆる権利を行使することができます。

10.位置情報管理者の指定

1.     社は、位置情報を適切に管理、保護する責任を際に負う能力を持つ立場にある人物を指定して、運します。位置情報の管理者は、個人位置情報の主体からの苦情に関して、円滑に措置を講じるものとします。

 

2.     位置情報管理者は、位置情報サビスの提供部門を取り仕切る立場にあります。

11.位置情報の保護措置​

当社は、個人の位置情報の保護のための管理上の取り決めとして、位置情報管理者の責任の下で、所在情報保護および利用に関する法令第20条第1項各号に該当する管理責任を果たします。

12.サービス料金

当社は、請求されるサービス料について、当社と契約を締結した電子支払サービスプロバイダーが定める方法に従うか、あるいはサービスプロバイダーが定める方法に従って、料金を請求することができます。

 

会員が当社に有料サービスの利用申請を提出し、当社がその申請を承諾した時点で、会員と当社との間の有料サービス利用契約が締結されます。課金されるサービス料などは、前払いとし、会員は当社が提供する支払手段を介して事前に一定の金額を支払うものとします。購入および利用に応じて該当料金がそこから差し引かれます。

 

本規約およびBLACKVUE CLOUDの有料サービス規約が、有料のサービス料などの種類に適用されます。個人情報の不正使用および正当でない支払いにより支払いを行った個人からの払い戻しあるいは個人情報請求については、当社は拒否する場合があります。

 

無線サービスを利用した場合に発生するデータ通信料金は別途請求され、ユーザーの加入先の携帯事業者の方針が適用されます。請求される料金に異議がある場合、会員は決算日から5日以内に異議を申し立てることができます。当社は上記異議の申し立ての有効性を調査し、10日以内にその結果を通知します。

13.位置情報の保持および保持期間の根拠および位置情報の利用あるいは提供の確認​

1.     位置情報の保護、利用などにする法律第16条に基づき、当社は位置情報の収集、利用あるいは提供を確認するためのデータを位置情報システムに記録し、保存します。

 

2.     社は、利用目的または提供目的を完遂した後、本1項に規定する情報を除き、個人の位置情報は破棄するものとします。

 

3.     社は、本規約第7条第3項に定める義務を果たすために、本条第1項に定義されたデータを6ヶ月間保持します。ただし、有料サービスの利用の詳細については、当社のプライバシーポリシーに定められる電子商取引などの消費者保護法、電子金融取引法などに定められた保有期間が適用されます。

14.損害賠償の範囲

1.     本規約の規定に違反し、社に損害をえたユは、社に生じたあらゆる損害を賠償するものとします。現時点では、上記ユがユの意の欠如あるいは過失の欠如を証明できない場合、該はその責務から免除されることはありません。ユは、本利用規約の項の違反により生じる個人の位置情報および第三者にする異議、紛、訴訟などの法的あるいは際の紛について、すべての責任を負うものとします。また、該当するユーザーは、上記紛争に関して当社に生じる損害あるいは損失を賠償するものとします。

 

2.     故意または過失により位置情報の保護、利用などにする法律第15条または第26条に当社が違反した場合、ユーザーあるいは個人位置情報の主体は、損害賠償を請求することができます。その際、責任の範囲は一般的な損害に限定されます。現時点では、当社が当社の意思の欠如あるいは過失の欠如を証明できない場合、当社はその責務から免除されることはありません。

 

3.     自然災害などの不可抗力や利用者の故意や過失により、損害が発生した場合の損害の賠償は当社は行いません。

 

4.     社は、ネットワクプロバイダの通信環境によって生する可能性がある誤った位置情報をユが利用することによって、ユおよび第三者に生じた損害についての補償は行いません。

 

5.     員は、利用規約の終了後であっても、社が提示するBLACKVUE CLOUD利用規約に違反することにより、当社に該当会員がもたらした損失を補償する義務を負います。

15.紛争の調停

当社は、位置情報に関する紛争に関して当事者間で合意が得られなかった場合、あるいは当事者間で合意が得ることが可能でない場合、位置情報の保護、利用などに関する法令第28条に従い、韓国通信委員会に調停を申請する場合があります。当社あるいは会員は、位置情報に関する紛争に関して当事者間で合意が得られなかった場合、あるいは当事者間で合意が得ることが可能でない場合、個人情報保護法第42条に基づき、個人情報紛争調停委員会に調停を申請することができます。

16.責任の免除

当社は、サービスを無料で利用する会員に対して、サービス利用中に発生したすべての問題について補償する責任を負いません。さらに、当社は、以下の項に定める理由により、通常のサービス提供に支障が生じた場合の責任を負いません。

 

1.     自然災害あるいは同などの制御不能な態の生時

 

2.     サービスを提供するサービスプロバイダーおよびサービス協力契約を締結した第三者による意図的なサービス中断時

 

3.     ユーザーに起因する理由によりサービス利用に問題が発生した場合

 

4.     第一項あるいは第三項を除き、発生した損害が、当社の故意または過失によるものではない場合。,

 

会員が本利用規約記載の事項に違反した場合、会員に起因する原因あるいは個人の位置情報主体に起因する原因で損害が発生した場合、あるいはサービス利用に問題が生じた場合には、当社は一切責任を負いません。

 

ユーザーは、当社が会員に提供する位置情報およびその他のサービスの利用に従い、あらゆる情報を管理する責任を負います。当社は、情報管理、情報の不正使用あるいは違法使用に対する上記責任上の過失について、一切の責任を負いません。ユーザーは、サービスおよびサービスの利用を介して取得する情報について、最終的な決定を下す必要があります。また、当社は、ユーザーがサービス利用を介して期待する特定の利益目的を保証するものではありません。当社は、サービスの信頼性および正確性、サービスに掲載される情報、データ、および事実を保証するものではありません。また、上記の情報に起因するユーザーに生じる損害について責任を負いません。

 

17.当社のお問い合わせ先情報

本規約に関してご不明な点がある場合は、当社にご連絡ください。[email protected]までメールにて、あるいは +82-26947-4670までお電話でお問い合わせください。.

18.発効日

本位置情報サービス利用規約は、2016523日から有効です。