map of BlackVue distributors worldwide

私たちは誰ですか

ダッシュカメラのリーダー

Pittasoftは、2007年に設立されて以来、自動車用ダッシュカム業界の基準を打ち立ててきました。

Pittasoftは、画期的なフルHD 1チャネルおよび2チャネルカメラで車のダッシュボードカメラテクノロジーを次のレベルに引き上げ、Wi-FiおよびBlackVue Cloudサービスを介して車のダッシュカメラをスマートデバイスに接続することで、世界中の顧客が使いやすさを最大化できるようにしました。

いつでもどこでも、BlackVue Cloudは、緊急アラーム通知、位置追跡、重要な映像のバックアップにより、再生、リモートライブビュー、ビデオ共有にすぐにアクセスできるだけでなく、安心を提供します。

革新の歴史

2007

初期

Pittasoft Co.、Ltdは、Hyunmin Hur博士によって7月2日に設立されました。 同社は、Pittasoftブランドで販売されているインターネットプロトコルクローズドサーキットテレビ(CCTV)ソリューションに焦点を当てています。

2007
2009

極めて重要な年

同社は市場での新たな機会を見据えて、有望な新しいタイプのデバイスであるドライブレコーダー(したがって、ダッシュカムモデル名の「DR」という接頭辞)への研究開発に重点を置いてピボットします。

2009
2010

最初のダッシュカメラ

「BlackVue」ブランドは、同社の最初のダッシュボードカメラであるBlackVue DR300のリリースのために2010年に作成され、象徴的な管状デザインを導入しています。 その最初のモデルはVGA解像度(640×480)で記録します。 BlackVueダッシュカムは、駐車モードの記録も導入しました。これにより、モーショントリガーおよび衝撃トリガービデオの記録が可能になります。

2010
2011

最初のフルHDダッシュカメラ

BlackVue DR400G-HDは、フルHD 1080p録画の導入により、ダッシュカムビデオの解像度を向上させます。

2011
2012

Wi-Fi接続

DR500G-HD(韓国ではWi-Fi DR500G-HD)は、BlackVueアプリでのスマートフォンの機能(ライブビュー、設定、ビデオのダウンロードなど)を活用するためにWi-Fi接続を導入します。

2012
2014

無線によるファームウェア

Wi-Fi対応のDR650W-2CHは年末に市場に参入し、BlackVueアプリを介してファームウェアをアップグレードする機能を導入します。

2014
2015

最初のDashcamクラウドサービス

BlackVue Cloud(最初の名前はBlackVue Cloud)は、7月に上海モバイルワールドカンファレンスで開催されます。
ローンチと同時に、このサービスはすべてのDR650W-2CH所有者がファームウェアアップデートを介して即座に利用できるようになります。 初期のDR650GWモデルでは、BlackVueは無料のWi-Fiモジュールアップグレードプログラムをロールアウトします。

2015
2016

Cloud DashcamおよびFleet SDK

BlackVueは、クラウド互換性のために設計された最初のBlackVue DR650Sシリーズを発売します。
BlackVue Fleet SDKがリリースされ、貨物サービスプロバイダーや大規模なフリートを持つ企業がBlackVueダッシュカメラを独自のソリューションに統合できるようになりました。

2016
2017

BlackVue Fleet Tracking

BlackVue Fleet Trackingがローンチし、企業に拡張クラウド機能とボリューム価格を提供します。
DR750Sシリーズがリリースされ、フルHD 60FPS録画と優れた微光感度を提供します。

2017
2018

4K DashcamとCloud API

DR900Sシリーズは、4Kだけでなく5GHz Wi-FiおよびHEVC圧縮も導入し、最初のデュアルチャネル4Kクラウドダッシュカメラになります。
BlackVue Cloud APIがリリースされ、開発者はBlackVue Cloudの機能を独自のソフトウェアソリューションに統合できます。

2018
2020

LTE対応のダッシュカメラ

BlackVue DR750-2CH LTEが市場に参入し、クラウド接続用の組み込み4G LTEを特長としています。
BlackVue Xシリーズも同様に、オプションのプラグインLTE接続モジュールを備えています。

2020
vision

私たちのビジョン

Pittasoftは、創業以来、画質と接続性の両面で世界最高のダッシュカメラを作ることに鋭い焦点を当ててきたおかげで成功を収めてきました。 私たちのダッシュカメラは、レンズやセンサーからGPSやWi-Fiモジュールまで、最高のコンポーネントを使用しており、革新的な技術が満載です。 しかし最も重要なことは、お客様にとって意味のある製品、使いやすく、日常的にユーザーに真の価値をもたらす製品を作ることです。

我々の使命

激しい競争にも関わらず、ダッシュカム市場で首位を維持しながら、Pittasoftはクラウドコンピューティングを使用して、人々と車を接続する新しい方法に取り組んできました。

BlackVue Cloudは、この新しい開発の具現化です。 見事なシンプルさで、BlackVue Cloudは、ダッシュカメラをさらに活用して安全性を向上させたいすべてのドライバーに新しい可能性の世界を開きます。

生産工程

Pittasoftは、高度な調整とそれぞれの専門分野における卓越した専門的能力を備えた、密接に相互接続された専門チームを中心に編成されています。

R&D

付加価値製品の開発に重点を置いた研究開発センターは、クラウドサービスやコネクテッドカービジネスなどの将来の成長技術を積極的に模索し、研究しています。

製造

ピッタソフトは韓国に自社工場を持ち、高品質のコンポーネントを使用し、高度なスキルを持つエンジニアを雇用しています。 製造チームは、ソフトウェアとハードウェアを優れた設計と深く統合します。
blackvue-dash-cameras-about-us-sales-marketing-sema-show

セールス&マーケティング

販売部門は、韓国および50以上のグローバルディストリビューターのネットワークにおけるBlackVue製品の販売と流通を推進する責任があります。 マーケティング部門は、マーケティング資料から世界中の主要な見本市への出席まで、プロモーションのあらゆる側面を扱います。

顧客サービス

アフターサービスセンターでは、常に高品質のサービスを提供し、世界中のお客様にサービスを提供するために最善を尽くしています。 私たちは、無料の修理や世界中へのエクスプレス配送など、すべてのダッシュカメラに1年間の保証を提供しています。

最新のブログ

新製品Power Magic EZ – 駐車モードモニタリングのためのOBDキット

駐車モードアクセサリー、Power Magic EZが発売されました。Power Magic EZを車のOBDポートとドライブレコーダーの電源ソケットに差し込むだけ。

車のバッテリーを電源として使う駐車モードを、バッテリー上がりを防止しながら楽しめる最も簡単な方法です。

[BlackVueフリートトラッキング] ドライビングレポート機能の使い方

イベントファイル自動アップロード機能に続いた、BlackVueフリートトラッキング独自の新しい機能: ドライビングレポート。 必要事項: ハードウェア: ファームウェアバージョン005のBlackVue DR900Sシリーズドライブレコーダー。 ファームウェアバージョン011のBlackVue DR750Sシリーズドライブレコーダー。 ソフトウェア: BlackVueビューアー 2.01 (Windows) または、ver. 1.24 (Mac OS)。 BlackVue アプリ 2.77 (iOS/Android)。

[BlackVue DR900S/DR750S] 新しいタイムラプス、領域指定方式のモーション感知駐車モード 駐車録画モードに新しい機能追加 -「タイムラプス」と 「領域指定方式のモーション&衝撃感知」

最新ファームウェアとソフトウェアでは、BlackVue DR900SシリーズとDR750Sシリーズの駐車モードに二つの大きなアップグレードを設けました。:

より長く録画をしながら、イベント動画ファイルは確保する全く新しいタイムラプス
画面の特定領域だけを感知し録画する領域指定方式のモーション&衝撃感知
ファームウエア > 基本 > 録画 > 駐車録画モード.